2017年11月1日 星期三

日本国有鉄道 キハ07 41号

戦前の代表的な機械式(クラッチで変速する方式)気動車で、連結運転の時は双方の運転士が合図しながら走っていました。昭和27年にガソリンエンジンをディーゼルエンジンに変更。
この車両は昭和32年に豊後森機関区に配置され、宮原線で使用されました。昭和44年に引退となり豊後森機関区や大分運転所で大切に保管されていました。戦前に製造された同型車で原形を保っているのはこの車両だけです。
車輛外觀,2017/11/01拍攝於九州鐵道紀念館


車窗,2017/11/01拍攝於九州鐵道紀念館


起訖站名,2017/11/01拍攝於九州鐵道紀念館


駕駛座椅,2017/11/01拍攝於九州鐵道紀念館


駕駛窗,2017/11/01拍攝於九州鐵道紀念館


室內,2017/11/01拍攝於九州鐵道紀念館


座椅,2017/11/01拍攝於九州鐵道紀念館


把手,2017/11/01拍攝於九州鐵道紀念館